もっさんみいこのひとりごと

関心のあること→アート、イラスト、絵本、芸術、園芸、植物、自然、などなど。日々感じたことを書きとめておきたい。

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

そらぷちキッズキャンプ

北海道からただいま帰ってまいりました。
今回の旅の目的は、「そらぷちキッズキャンプに行く事!」

そらぷちキッズキャンプとは、
-------------------------------------------------
日本国内に約20万人いるといわれている小児がんや心臓病などの難病とたたかう子どもたち。「そらぷちキッズキャンプ」は医療施設を完備し、特別に配慮されたキャンプ施設や自然体験プログラムを設けた、子どもたちの夢のキャンプを創っています。病気の子どもたちやその家族が、自然の中で病気のことを忘れ、笑顔で楽しいときを過ごし、「楽しい思い出」「すばらしい仲間」「生きる力」「希望」を得ることができる場所を提供したいと考えます。

「そらぷちキッズキャンプ」ホームページより抜粋(ホームページはこちら)
-------------------------------------------------
140707

そらぷちとの出会いは、10年くらい前かな。

その当時、私は20代前後、子どもに毛が生えたようなもんですよ。
ある程度、都会(大阪)で生まれ育ってますので、子どもの遊び場ってあんまりなくて、どんどん宅地開発で遊び場がつぶされたり、中高生になれば、たむろして語っていればなんだか不良扱いだったり(見た目はとってもまじめな学生なのに)。
なんだか、子どもが生きにくいそんな時代だったんだと思うんですよね。
「17歳の子どもが犯罪を」とかが頻発した時代です。
そんな時代だったので、どうにか自分たちの手で子どもの居場所を作れないかと大学の頃に、色々活動していたんです。
で、大学時代から働き始めた頃に関わっていた「こどもの遊び場」を考えるボランティア団体を一緒にやっていた人から、
「難病のこどもたちが遊びに来れるキャンプ場を作ろうと思う。そのロゴを描いてほしい」と話をもらったのが、一番初めのそらぷちとの出会いです。

その頃描いたのが上のロゴ。
イラストレーターでも何でもない時代なので、今見るとちょっぴり荒いイラストです。心は込めたつもりですが。
けどその当時は、このイラストがこんなにも愛され、使われ続けるものだなんて想像もしなかったです。
しかもパソコン知識ゼロ時代、色鉛筆で描いたものなので、後で誰かがイラレデータにしてくれているという。。

あれから、10年。まっすぐイラストレーターの道を選んだわけではなく、ホームセンターで園芸植物を販売してたり(それはそれで楽しかった)、結婚・出産・子育てに追われていたり、そして、やっと今「イラストレーター」と名乗って3年ほどたったくらいです。その間、ずいぶんイラストのタッチが変わったというか、上手になったというか…。昔の方が野生の感?で描いているからいいのかもしれないけど。。。
140707_2

そんな私が描いたキャラクターたち。
今回はじめて、現地に行く事ができて、びっくりしました!
10年間ずっと、行ってみたかった現地。北海道!滝川市!
スタッフさんのTシャツや、車のラッピング、建物のマーク、壁掛け時計を蹴る太陽、手作りのぬいぐるみやアクセサリー、キャラクターを使って紙芝居作りました!とか…。そして、一番うれしいのは、子ども達が描いてくれたキャラクターたち!
どれもこれも愛されているのがとてもよくわかります。
ほんとうに嬉しい!嬉しくてうれしくて、「ありがとう」の言葉しか出てきません。ほんとうに。




太陽(そらっぷ)のぬいぐるみは、ボランティアで作成されて、キャンプに参加した難病の子どもたちのお土産としてプレゼントされます。お家や病院でお友達として活躍してるというのを聞くとほんとに、涙ものです。

私が描いたキャラクターをみんなが色んな形にして大事にしてくれる。
そこには著作権とかでは縛れない喜びがあるんです。
もちろんそういう権利が大事だというのはわかってはいますが。
けど、キャラクターに命を与えるのは、作者じゃなくて、好きだと言ってくれる人達。
愛されなければ、子どもたちの友達になれるキャラクターにはなれない。

わたしは、子どもの友達になれるような絵を描きたい。
そう思うのは、こういう経験があるからなんですよね。
本当に感謝。ありがとう!
そして、そらぷちを支えているスタッフのみなさん、本当にお疲れ様です。
本気で一生懸命体当たりで、運営をされているんだと思います。施設やみんなを見てればわかります。
本気で悩んで、本気で考えて、本気で実行に移している、相当なパワーが必要だと思います。
一番大変で、そのぶん一番おいしいお酒が飲めるのは、そらぷちのスタッフです。
これからも頑張ってください!何かあれば描きますから!(募金するお金ないので体で払うタイプです!)




今日は、めずらしくマジメなもっさんです(笑)。
七夕に5年ぶりくらいに戦友に会ったからでしょう。
10年前のあのときに、そらぷちの夢を語っていた戦友達は、今やそらぷちのドンです!
かっこいい!

| アート | 23:14 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |